ゴム印鑑の用途

ゴム印鑑ゴム印鑑という言葉をあまり聞きなれないという方も少なくないでしょう。ゴム印は実印や銀行印などと違い、日常的に使う頻度の高い印鑑だと言えます。例えば荷物を受け取る際にも確認の意を込めて印鑑を押しますが、この時に使われるのは認印と呼ばれるものです。認印はゴムを素材として作られているものも多く、ゴムを素材としていることもあって安価に購入が可能です。そのため、突然に認印が必要になった場合にもホームセンターなどで購入できます。とは言え、そんな便利なゴム印鑑ですが使用する前には注意点が存在します。

これは特に、企業など仕事で使う場合には注意が必要です。注意点として覚えておきたいことには大きく分けて2つの点があります。1つ目は重要な書類や契約書にゴム印鑑は使えないことです。社内の書類、請求書などにサインすることもあるのではないでしょうか。人によってはそれが頻繁な場合も少なくありません。その時に一度押すだけでサインできるゴム印鑑は便利です。しかし重要な書類の場合、ゴム印が変形しやすいという性質もあるため、使用をおすすめしません。また、実印登録の際にも同じような理由があるため、ゴムを使ったものは登録できない場合がほとんどです。そのため、購入する際にはきちんと用途を確認したうえで購入するようにしましょう。